赤ちゃんのいる家庭でウォーターサーバーを導入する利点

赤ちゃんにはウォーターサーバーの水が好ましい

赤ちゃんに優しいのはウォーアーサーバー

日本の水道水は安心で安全だと思っていますよね? ですが、安心と安全を求めるあまり赤ちゃんの体には大変な塩素が混入しているのです。 確かに外国よりかは日本の水の方がまだ飲めます。 ですが、絶対的な確証があるわけではありません。 現に赤ちゃんの体に悪いものが沢山入っているのです。 もっと読む

日本の水道水は意外と危ない

家庭にあると嬉しいウォーターサーバー。
うまれてすぐの赤ちゃんにはミルクを作る機会も多いと思います。
母乳が出ない、お母さんが不在でミルクをあげないといけない、いろいろな場面に遭遇すると思います。
その時にミルクを作るには安心、安全な水が必要です。

日本の水道水に含まれる鉛の基準値が高いことはご存知ですか?
日本の水道管は鉛を使っているのでどうしても鉛の基準値をあげなくてはいけません。
赤ちゃんの体の8割は水分でできています。
ですから赤ちゃんにあげるものはそのまま赤ちゃんの体に影響します。
赤ちゃんは消化器官がまだ未発達です。
よって体に鉛をため込むこともあります。

また、日本の水道水は生活、安全を意識することから薬品も使われます。
その際にアルミニウムが入っています。
このアルミニウムの通常だと腎臓でろ過されるので体に蓄積されることはありません。
ですが、赤ちゃんの腎臓はまだ未発達なためその機能をうまく発揮できていません。
よって脳にアルミニウムがたまりひきつけを起こすケースもあります。

赤ちゃんは生まれたてで臓器も未発達ですし、抵抗力もありません。
ですから薬が入っていない水の方が良いのです。

日本の水道水には消毒と称して塩素が含まれています。
水自体を腐敗から防いでくれています。
ですが、これと一緒に発がん性物質も含まれているのです。
よく水を沸かすとよいと聞きます。
これには一定の効果もありますが、発がん性物質の増加にもつながります。
水はとても難しいのです。

おすすめリンク

ミネラルウォーターについて

ミネラルウォーターは無菌で梱包されています。 封を切ったら最後、雑菌が入り込んできます。 その後は雑菌が繁殖してしまいます。 よって、長時間放置することはできないのです。 ちょっと残ったからもったいないという使い方ができないのがミネラルウォーターです。 もっと読む

ウォーターサーバーは便利で安心

ウォーターサーバーが便利で赤ちゃんに優しい理由をまとめています。 ウォーターサーバーの水は天然水に近く軟水です。 軟水は赤ちゃんの体に優しいのです。それと同時に安心して飲めるのが産地の問題です。 工業廃水や薬品を使った消毒をしちないので安心して飲めます。 もっと読む