赤ちゃんのいる家庭でウォーターサーバーを導入する利点

赤ちゃんに優しいのはウォーアーサーバー

水道水に浄水器をつけても

赤ちゃんの体は8割が水分です。
生まれたてで抵抗力もなければ体も未発達なので自分で毒を排出することもできません。

水道水には水道管を通ってくる際に鉛も混じります。
水道管自体に鉛が使われていて私たちの手元に来る際にはどうしても鉛が混入してしまうのです。
この鉛ですが、赤ちゃんが摂取すると神経系に刺激を与えて小児の知能発達遅延を引き起こすこともあります。
この鉛をとるために浄水器を取り付けるお宅もあることでしょう。

この浄水器ですが、取り除けるものは浄水器の性能によって違います。
ですから一概に浄水器をつければよいというわけではないのです。
また、浄水器はカートリッジの交換といった手間もありますしね。

水道水は大人が飲む分にはよいですが、赤ちゃんに与えるには厳しいようです。

水道水とは

赤ちゃんにミルクを作る際に必要な熱湯。

水道水を沸かして使うのであれば塩素も残っていますし水は腐ることはないでしょう。
ですが、この塩素は消化器が未発達な赤ちゃんにはお腹を壊す原因になります。

また、水道水には発がん性物質も含まれています。
熱湯が必要だからとやかんといったふたがついているもので熱湯を沸かすのはお勧めできません。
それは、発がん性物質の増幅にもあたるためです。

これらを消すためにはふたのあいた鍋で20分以上水を沸かし続けなければなりません。
手間もかかりますし、安全性も疑わしいです。
これらのこともありますから、赤ちゃんに水道水からミルクを作るのは緊急時のみにした方がよいでしょう。
安心安全なミルクを与えたいですからね。


この記事をシェアする