赤ちゃんのいる家庭でウォーターサーバーを導入する利点

ウォーターサーバーは便利で安心

ウォーターサーバーの利点

ウォーターサーバーはお金がかかるというイメージですね。

ですが、それだけの効果も一緒に実感できます。
まず、ひとつが機種の設定により70℃のお湯がいつでも使えることです。
ミルクを作るのにいちいち沸かす必要がないのです。
新生児は3時間おきに授乳が必要です。
その度にいちいち起きてお湯を沸かすのは大変です。
粉ミルクをといてすぐに作れるのは魅力ですよね。

もうひとつが、軟水であることです。
硬水は消化器官が未発達な赤ちゃんに与えると下痢をする恐れがあります。
つまり、硬度の高い水は赤ちゃんにはよくないのです。
それを間違えて赤ちゃんに与えてしまい、赤ちゃんが体調を崩してしまったら大変です。
そのためにもウォーターサーバーから水分を摂取する方がよいのです。

澄んだ綺麗な水

水道水とウォーターサーバーの一番の違いは産地です。

日本の水は近くに原発があり水自体に放射能が混入している場合もあります。
もちろん、検査はしていて基準を合格した水が私たちの家庭に届いています。
水道局の惜しみない度量が感じられます。

ですが、基準値を合格しているだけで放射能が入っていることに変わりはないのです。
放射能だけではありません。
いろいろなゴミやチリが入っているのでそれらを滅菌するために沢山の薬品が使われていることも事実です。

これに比べてウォーターサーバーの水は産地の近くに原発があるわけでもないですし、綺麗で澄んだ水を汲んできています。
薬品も入っていません。
ありのままの水として飲めるので赤ちゃんにも安心して使えます。


この記事をシェアする